97年3月20日 くもりのち雨

新竹−台北


 ホテルで朝食を食べてスタート。ホテルは朝食付きで2000円。安い。
 竹北までは一号を進む。1号線は広く、すばらしい道だが、海沿いの15号を進むことにする。
 15号線も、2車線か4車線の非常によろしい道だ。途中長さ数キロの海岸近くのトンネルがあった。なにだったのだろう?
 昼食は観音の食堂でコカコーラとチャーハンを食べました。いつものメニューだ。相変わらず進歩がない。
 上に飛行機が飛んでいる。空港か近くなった。もうすぐ台湾一周だ。
 大圓郵局では、いつものように自分宛のはがきを書く。貯金窓口には日本と同じような番号札がありました。
 15時頃竹園の見覚えのある15号と4号の交差点に到着。台湾一周達成!
 その後空港に戻ることにする。中から外に出ようとすると、おまわりにつかまってしまった。「...」「あいむ じゃぱにーず」おまわりは、電子手帳の辞書をたたいている。お互いに困っているようだ(笑)。パスポートを見せる。「あい うおんつー ごう あうと おぶ えあぽーと」というと、空港の外ま で先導してもらえました。ここは自転車走っては、いけないのかなぁ?最後に「めい あい トゥク ユー あ ピクチャー」「OK」台湾の警察官の写真を撮らせていただきました。
 4号から1号に出る。車が非常に多い、だんだん暗くなる。 ↑▽1台北 →▽1乙台北 どっちでもいいらしい。
 道は車が多く、あまり広くない。首都圏はは他の都市のようには道路事情がよくないようだ。峠を越えると台北の平野だ。三重市を通り抜け、川に架かる橋を抜けると、台北市に入る。車が多いが、高雄ほどバイクは多くない。ネオンが輝いている。台湾のどこの街より都市の規模は大きい、空港を出て11日、約1200キロを経て台湾の首都に到着しました。こんなに回り道をして台北に来る人もめったにいないだろうな。
 宿を探すが、連休がらみの週末のせいか、日本人宿はどこも一杯のよう。台北市街地をうろうろとうろつくが、安宿は見つからない。2時間、15キロくらい走り回って、大旅社を見つけた。750元。台北は物価が高いようだ。、ラブホテルのような気がするが、とりあえず宿はここにする。
夕食は、セブンイレブンのおにぎり。


前のページへ   
KHA01376@nifty.ne.jp かずあき