99年3月09日 東京小雨  ソウル晴 走行0km

成田空港→金浦空港-ソウル

前日夕方から朝9:30までアルバイト、海外旅行の前日なのに、いつも通り。うちに帰ったのが10:30。それからあわてて最終準備。海外旅行も3回目になると準備も少し離れたようです。
13:50出発。小雨の降る中を駅へ向かいます。荷物は、自転車の段ボールと、スポーツバッグ(中にサイドバック)と、重たいリュックサックです。しかし重い。あいかわらず荷造りは下手なようです。あわてて準備をしたので、いらないものをだいぶ持ってきた気がします。笹塚、新宿、本八幡で乗り換えます。都営新宿線の急行は非常にすいていて、本八幡到着時には1両に7人だけでした。本八幡をおりると、海外旅行だろう大きな荷物を持っている人が何人かいました。京成の車内は、大きなトランクケースを持った若者が大勢いました。段ボール箱を抱えたおばちゃんもいました。こんなところで海外に行く実感がわいてきます。
いつものように成田空港でチェックイン。HISのカウンタで並ぶこと15分。バンコク行きが繁盛しているようです。「これは何ですか?」「自転車!」「ちょっと待ってください」HISの方は、United航空の人を呼んできました。「これで3回目ですが、特に問題ないですよね。」「X線の機械通りますか?」「いつもぎりぎり通っています。」「重さはどれくらいですか?」「自転車が12kgと、それと箱です。」「自転車ですので、免責のサインをしてください。」続いて荷物を預けるところに移動。ガムテープ、壊れ物のシール、天地無用のシールを貼ります。「空気抜いていますか?」「はい」実は軽く入っています。やれやれ、重たい荷物からやっと解放されました。その後空港をうろうろします。
とりあえず、ここまで。 前のページへ   
KHA01376@nifty.ne.jp かずあき